batabata-kaachan’s diary

バタバタな母ちゃんの子育て、潰瘍性大腸炎、雑記ブログ

【面倒くさがり必見】羽毛布団の洗濯は宅配クリーニングがよい理由とは

f:id:batabata-kaachan:20200321191445j:plain


だいぶ暖かくなってきて、子供が羽毛布団を掛けていると汗をかくことが多くなってきました。この汗、羽毛布団にも染み込んでいるんだろうなと。

 

羽毛布団は頻繁に洗うと中の羽毛の痛みを早めてしまうので、2~3年に一回くらい洗いましょう!雑菌・ダニ・カビのないキレイな羽毛布団で寝るなら、クリーニングがやっぱり仕上がりキレイです。

 

 

【羽毛布団の洗濯方法】

f:id:batabata-kaachan:20200321191512j:plain

 

・自宅の洗濯機

・コインランドリー

・クリーニング店依頼

・宅配クリーニング業者

羽毛布団の洗濯方法、それぞれメリットとデメリットがあります。

自分に合った洗濯方法で、羽毛布団をキレイにしてくださいね。

 

<比較>

自宅の洗濯機

・0円

・手間がかかる

・乾くのに時間かかる

 

 

コインランドリー

・持って行く手間あり

・洗濯から乾燥まで1,500~2,000円

・仕上がり時間に再度取りに行くor待つ

 

 

クリーニング店依頼

・仕上がり安心

・持って行く手間あり

・目安 3,000~6,000円

 

 

宅配クリーニング業者依頼

・仕上がり安心

・金額は業者による

・かさばる羽毛を集配してくれる

 

全国どこでも家まで【無料】で届けてくれる!布団クリーニング

 

 

【羽毛布団が洗えるのか確認】

f:id:batabata-kaachan:20200321191542j:plain

 

布団の種類によっては、自分で洗えないものがあります

まずは羽毛布団に付いている「洗濯タグ」を見て、確認してください。

水洗いNG、ドライマークがある際は自分では洗えませんので、クリーニング業者に出す必要があります。

 

羽毛布団は中の羽毛が偏らないように、キルティング加工されていものが多いです。

中にはキルティング加工されていない場合があり、自宅で洗濯すると偏ってうまく洗濯できないことがあります。キルティング加工されていない羽毛布団は、クリーニング業者などに洗濯をお願いした方がいいでしょう。

 

クリーニングに出す場合ですが、子供のおねしょや嘔吐物があると預かって貰えない事がありますので、事前に確認してから持っていきましょう。

 

【羽毛布団の洗濯時期】

羽毛布団は洗濯すると、完全に乾くのに時間がかかります

コインランドリーに出すのであれば、季節は問いませんが自宅からコインランドリーの往復でせっかくキレイにした羽毛布団が雨で濡れないよう、雨の日は避けましょう。

 

自宅の洗濯機で洗う際は、羽毛布団を干して乾かすのに2~3日程かかります。

暖かくて風通しが良い日を選ぶと、早く乾かすことが出来ますよ!

 

羽毛布団を使わないくらい暖かい時期や暑い時期にやる方が多い為、コインランドリーやクリーニングを利用する場合は混みあう可能性があります。

 

 

おねしょ布団について別の記事も参考にしてください

www.kaachan2.com

 

 

 

【自宅での洗濯】

f:id:batabata-kaachan:20200321191708j:plain

 

洗濯タグが水洗い可能で、出来る限りお金がかからない方法は自宅で洗濯です。

羽毛布団はデリケートなので、自宅洗いによって生地が傷む可能性もあります。

 

その辺りを気にせず、数十万円する羽毛布団とかでなければ自宅で洗ってもいいでしょう。

 

<洗濯方法>

①ジャバラに縦に三度畳み、あとはくるくる丸めて洗濯ネットに入れます。

 

②洗濯洗剤はデリケートなものも洗うので、オシャレ着用洗剤を使用。

臭いが気になる場合には、重曹を入れると消臭効果があります。

 

③洗濯機に羽毛布団を入れて「ふとん洗いコース」をポチっと。

もしふとん洗いコースがないなら「ドライコース」を選択しましょう。

 

④洗濯が終わったら、乾かします。

羽毛布団はしっかりと中の方まで乾かさないと、菌が繁殖したりカビの原因になります。自宅に乾燥機があれば、使用してください。

 

乾燥機がない場合には、洗濯後すぐにベランダの風通しのいい場所に干してください。

その際、中の羽毛が偏っている場合には手で羽毛の偏りを出来るだけ減らしてください。

 

羽毛の量にもよりますが、2~3日でしっかり乾きます

 

外に干す場合、直射日光により羽毛が色褪せる場合がありますので気になる方は日陰干しをしましょう。その場合は、通常よりも乾くのに時間がかかります。

 

 

<洗濯機に羽毛布団が入らない場合>

洗濯機が小さい、羽毛にボリュームがあり入らない場合はお風呂の浴槽にお湯をはって洗います。

 

お湯といっても熱すぎると羽毛の大事な油分が落ちてしまうので、ぬるま湯の30度を目安にしてください。

 

ぬるま湯の中に中性洗剤を入れて、もみ洗いをします。

干し方は上記で説明しましたやり方と同じです。

 

 

【コインランドリーでの洗濯】

f:id:batabata-kaachan:20200321192627j:plain

 

安くする為に洗濯は家で、乾燥はコインランドリーでいうこともできます。しかし洗濯した後の羽毛布団は、かなりの重さになりますので乾燥をコインランドリーでするのなら、洗濯もコインランドリーでする事をおすすめします。

 

洗い方は基本、自宅の洗濯機と同じです。洗濯ネットに入れて洗いましょう。

乾燥機にかける時間は60~90分くらい。

自宅に持ち帰った後は、ネットに入ったまま放置せず中の湿気を飛ばします。干したり広げて完全に湿気がなくなるまで、使用したり畳んでしまわないでください。

 

 

【クリーニング】

雑菌・カビ・ダニを出来るかぎりなくして、気持ちよく寝たいならクリーニングの方がもちろん仕上がりはキレイです。

 

布団類はかさばり持って行くのが大変なので、クリーニングに出すなら断然「宅配クリーニング」をおすすめします。

こういう大きい物を宅配依頼できるのは、か弱い私からしたらありがたいです。

 

【宅配クリーニング】

f:id:batabata-kaachan:20200321193507j:plain

 

ふとんLenet

・布団3枚で12,800円(税抜)

クロネコヤマト集荷してくれる

・依頼をすると専用キットが送られてくる

・お好みで+1,000円(1枚あたり)で防ダニ加工

 アトピーやアレルギー、喘息の人には特に効果を期待できます!

 

3枚まとめてお願いすると1枚あたり4,267円です。

自分でクリーニング店に出す相場が3,000円~6,000円なので、運ぶ手間を考えると宅配クリーニングにお願いした方が楽ですね。

 

<リネットで洗えない布団>

・電気毛布

・破れたり、穴あき

・嘔吐物、排泄物あり

 

子供のおねしょや嘔吐物があると宅配クリーニングにお願いすることが出来ないので、自宅で洗うなどして対処してください。

 

 【さいごに】 

f:id:batabata-kaachan:20200321193122j:plain

羽毛布団の洗濯ですが、めんどうくさがりな人は宅配業者がいいです。

価格・手間・仕上がりをトータルで見ると、一番ベストだと思うから。

けれど子供の羽毛布団とかで、すっっっごく安い物なら勿体ないから自宅で洗うべき(笑)。

自分の手間やどのくらいの仕上がりがいいのかをきちんと考えて、自分にベストな羽毛の洗濯方法を選んでもらえたらと思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。