batabata-kaachan’s diary

バタバタな母ちゃんの子育て、潰瘍性大腸炎、雑記ブログ

【絵本】3歳に絵本の読み聞かせ 本人に読みたい本を選ばせる

小さい頃にたくさんの本をお子様に読んであげることは、親子の大事なコミュニケーションでもありますし、言葉を聞く・学ぶことにも繋がります。

3歳という年齢は毎日たくさんのことを吸収する時期です。

f:id:batabata-kaachan:20200202004442j:plain

 

「たくさんの絵本がありどれを選べばいいか分からない」

そういった方に私からおすすめの絵本も紹介させていただきますね。

 

 

 

【絵本を読み聞かせる効果】

f:id:batabata-kaachan:20200202004357j:plain

私が住んでいる地域では、赤ちゃんの時期にある健診時に保健センターに行くと、絵本を一冊プレゼントしてもらえます。「ブックスタート」というものです。

絵本の読み聞かせが大切なので、このような活動が広まっているんです。

大切なのは色々な効果がある、と言われているからです。どんな効果があるのでしょうか?

親子のコミュニケーションになる

言葉や想像力を育む

③何か一つの事に集中する力をつける

どれも小さい時に大事なことばかりです。親子の絆、子供の成長を望むなら絵本の読み聞かせは必然的です

 

【絵本読み聞かせで注意したい事】

f:id:batabata-kaachan:20200202004826j:plain

絵本の読み聞かせは子供が楽しめるようにするものです。

子供が絵本を楽しめるように、読むとき・読み終えた後に注意してほしいことがあります。 

親のスピードでどんどん読み進めない

子供が頭の中で物語を想像したり分からない事を質問してきた時は、いったん読むのをゆっくりにしたりストップして、一緒に寄り添ってあげることが大事です。

同じ本を繰り返し希望されたら出来る限り応える

子供の年齢によって、読み終えた本を繰り返し読んでという時があります。大人でもおもしろい事は繰り返し行いたいですよね。子供も同じで、楽しいからもう一回という気持ち、そして成長の証です。できれば繰り返し読んであげましょう!

読み終えた後に無理やり感想を求めない

本を読み終えて「楽しいお話だったね」「アンパンマンかっこよかったね」など親が感想を言うと、子供も思った事を言うようになります。いきなり「お話どうだった?」「アンパンマンはなんでバイキンマンをやっつけたんだろうね?」とか質問すると困ってしまいます。子供が感想を自ら言いたくなるように、そして感想を言った場合には決して否定せずに肯定してあげることがより成長に繋がります。否定すると今後、本を読んだ後に感想を言いにくくさせてしまうので、決してしないでくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

【子供と一緒に本屋さんへ】

赤ちゃんの頃には親が本を選んで読み聞かせをしますが、3歳にもなると色々なものに興味が出ている時期です。本屋さんに一緒に出掛けて一緒に本を選ぶのも一つ経験

表紙を見ただけでお子様が興味を示すもの、必ずあります。

 

【我が子が選んだ絵本】

息子と本屋に行き、初めて息子が自分で選んだ絵本です。

「こねこ こねこね」
こねこ こねこね (あかちゃんにこにこえほん)

こねこ こねこね (あかちゃんにこにこえほん)

  • 作者:しょうじ みちこ
  • 出版社/メーカー: WAVE出版
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 単行本
 

内容はこねこが、こねこねして色々な物を作るという内容です。

「こねこね」という言葉がたくさん出てきて読んでいる方も楽しくなってきます。

本屋さんでは色々有名な本が並んでますが、息子がそれを選ばずに自分で「こねこ こねこね」を選んだのを見て私はほっこりしました(笑)

自分で選ばせるのが楽しかったのでその後も自分で選ばせました。

その時に選んだ絵本はこちらです。

「おしくら・まんじゅう」
おしくら・まんじゅう

おしくら・まんじゅう

 

表紙の絵がとてもかわいいですよね♡息子が選ぶ本が素敵すぎて(笑)

「おしくら・まんじゅう」の絵本は表紙の2つのまんじゅうが色々な物を押しくらまんじゅうするという内容です。我が家では「おしくらぎゅー、おしくらぎゅー」という箇所で子供を抱きしめてぎゅー、として楽しんでいます。

どんな絵本を選ぼうかなと選ぶ楽しさ、そして子供は自分が選んだ絵本が特別な一冊になります。親が毎回選ぶのではなく、自分で選ぶ経験も必要です!

 

【3歳おすすめ絵本】

息子が選んだ「こねこ こねこね」、「おしくら・まんじゅう」もとても素敵なお話で、おすすめしたい絵本です。

他におすすめしたい絵本をご紹介しますね。

★「いろいろ ばあ」

 

いろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

いろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

  • 作者:新井洋行
  • 出版社/メーカー: えほんの杜
  • 発売日: 2011/07/01
  • メディア: 単行本
 

いないいないばあ、ではなく「いろいろ ばあ」は色々な色の絵具がブニュっと出てきて、いないいないばあのように「ばあ」っと出てくるというお話です。絵具ちゃんたちの表情がかわいくて、子供だけではなく私自身が大好きな絵本です。読むときに絵具ちゃんになりきって読むと、読み手も子供もとても楽しくなります♡

「いろいろ ばあ」の絵本が大好きすぎて同じシリーズも購入しました。

パステルカラーが綺麗で、たくさんの絵具ちゃんがみんな一斉に「ブニュ」と出てくる場面に子供もびっくり!(笑)

 

 

もっといろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

もっといろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

  • 作者:新井洋行
  • 出版社/メーカー: えほんの杜
  • 発売日: 2012/07/01
  • メディア: 単行本
 

 

 

★「11ぴきのねことへんなねこ」

 

11ぴきのねことへんなねこ (11ぴきのねこシリーズ)

11ぴきのねことへんなねこ (11ぴきのねこシリーズ)

  • 作者:馬場 のぼる
  • 出版社/メーカー: こぐま社
  • 発売日: 1989/12/01
  • メディア: 単行本
 

こちらはプレゼントでいただきましたが、11匹の猫たちの前に「へんなねこ」が出てくるという物語です。絵が綺麗でねこちゃん達もそれぞれがかわいくて惹きつけられる絵本です。我が家の兄弟が今一番好きな絵本です。一度読むと何度もリクエストがきます(笑) 11ぴきのねこシリーズが色々出ているので、そちらも揃えたくなるシリーズ絵本ですね!

プレゼントとしても喜ばれる6冊セットもあります。

 

11ぴきのねこ シリーズ6冊セット

11ぴきのねこ シリーズ6冊セット

  • 作者:馬場 のぼる
  • 出版社/メーカー: こぐま社
  • 発売日: 1996/02/01
  • メディア: 単行本
 

 11ぴきのねこは絵本のシリーズ化だけではなく、ぬいぐるみや洋服などのキャラクターのグッズも出ているくらい人気ですよ!

 

★「ノンタン おしっこしーしー」

 

ノンタンおしっこしーしー (赤ちゃん版 ノンタン3)

ノンタンおしっこしーしー (赤ちゃん版 ノンタン3)

 

ノンタンもたくさんシリーズ化していますが、2~3歳のトイトレ時期に読みたいのが「ノンタン おしっこしーしー」ですね。かわいい動物さんたちがオムツやおまるでトイレをします。ノンタンはおもらしをしてしまいますが、最後は上手にトイレで出来るという内容です。トイトレ中は読み終えたら子供に「〇〇君もノンタンみたいにトイレでおしっこしてみようか」とトイレに誘うと行ってくれるようになるかもしれませんね。文は単純な感じなので、内容を覚えて息子は字が読めなくても自分で「シーシー」と言いながら読んでいました(笑)

 

 【さいごに】

f:id:batabata-kaachan:20200202004941j:plain

子供に絵本を読んであげられるのは小さい時期だけです。限られた時間を使って子供とコミュニケーションをとりながら、子供の将来の為に楽しく絵本の読み聞かせをしていきたいですね!その中でお気に入りの1冊が見つかった場合には、お子様が大きくなっても大事にとっておいて、将来お子様が結婚して子供が産まれたら大事にとっておいた本を読んであげるというのも素敵だなと思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク