batabata-kaachan’s diary

バタバタな母ちゃんの子育て、潰瘍性大腸炎、雑記ブログ

おねしょ布団 自宅で丸ごと洗えない場合にする部分洗いと臭いの消し方

f:id:batabata-kaachan:20200317183346j:plain

 

おねしょで濡れた布団、濡れた部分を拭き取ったけれど臭いがある。

家の洗濯機でタオルケットや毛布は洗えたけれど、敷布団は大きくて洗えない。

臭いが残ったまま使用するのは嫌ですよね。

 

コインランドリーは高いし、持って行くのが大変。でもキレイにしたい。。。

自宅で臭いを消す方法や、布団が濡れない予防方法も一緒にお話させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

【敷布団の部分洗い方法】

 

f:id:batabata-kaachan:20200317180045j:plain

 

①おねしょが大量に染み込んでいる場合は、使用しなくなったオムツがあればオムツ、他はペット用おしっこシートやトイレットペーパー等である程度、吸える分の水分を取る

 

②お風呂場に敷布団を持って行き、汚れてしまった箇所を40℃程のシャワーで洗い流す。この場合、熱湯(70℃程)だと尿の成分のたんぱく質が固まってしまうので、必ず40℃くらいで行ってください。

 

③シャワーで濡れた、布団の水分を出来る限り取ります

(綺麗なタオルやマイクロファイバータオルを使用するとよい)

 

クエン酸水を吹きかけるクエン酸水は酸性で尿はアルカリ性の為、臭い消しが出来ます。

 

しっかりと乾かします。天気が良ければ外に干してください。

天気が悪い場合は布団乾燥機、ドライヤー、扇風機で風をあててよく乾かしましょう。半乾きのまま使用すると、臭い残りの原因になります。

 

この5つの流れをきちんとすると、自宅で丸ごと洗えない敷布団もだいぶキレイになります。

リセッシュ等の市販の消臭スプレーを使用する際は、敷布団を洗って乾かした後にスプレーして、スプレーで吹きかけた液も乾かしてから敷布団を使用しましょう。

 

 

クエン酸水の作り方】

f:id:batabata-kaachan:20200317182551j:plain

 

<準備するもの>

水200ml

クエン酸小さじ1

この2つをスプレー容器にいれて、よく混ぜて出来上がり。

とても簡単ですよね!

作り置きは出来ないので、おねしょをしてしまったらその都度作ってくださいね。

 

 

おねしょ関連の別記事こちらも是非読んでいただき、参考にしていただければと思います↓

www.kaachan2.com

 

 

大きな敷布団を部分洗いするのも、意外と一苦労。洗う側からすると、汚されない事が一番楽ですよね。

敷布団や掛け布団、出来る限り濡らさない方法をここからはご案内させていただきます。

 

 

【おねしょ対策グッズ】

 

f:id:batabata-kaachan:20200317180541j:plain

 

<おねしょ対策ズボン>

・2枚セット

・パイル生地

・送料無料(一部地域除く)

・柄はスターとボーダー

・腹巻タイプでお腹冷えない

ラミネート加工で濡れにくい

大量のおねしょだと漏れてしまうこともあるようですが、レビューを見るとある程度の量はカバー出来てお布団まで濡れなかったという声が多々ありました。

 

 

・2枚セット

・パイル生地

・送料無料(一部地域除く)

・腹巻タイプでお腹冷えない

ラミネート加工で濡れにくい

・柄は2パターンから選べます

パターンA:おサルさん、ネコちゃん

パターンB:ゾウさん、飛行機

 

 

<おねしょ対策シーツ>

・2枚組

・防水シーツ

・シングル布団用

・送料無料(一部地域除く)

シーツにゴムバンドが付いているので、敷布団の上に敷いてゴムバンドで留めるだけなので簡単に着脱できます。

生地は表パイル地、裏ポリウレタンコーティングで防水◎!

 

 

上記のシーツと同じカラーでサイズも同じですが抗菌・防臭加工がされているシーツです。普段寝る際にたくさんをかきますが、その際の細菌増殖を防ぐ効果があります。

 

※おねしょの布団濡れ防止には、防水シーツと防水ズボン両方の組み合わですとより効果があります。

 

 

【さいごに】

 

f:id:batabata-kaachan:20200317181529j:plain

 

夜のオムツ外れは早い子もいれば、小学生高学年になっても取れていない子も中にはいます。デリケートな部分なので、おねしょをしてしまった際には怒らず「大丈夫よ」と優しく接してあげたいですよね。

 

お布団さえ濡れなければ、洋服と子供の体をちゃちゃっと洗ってあげるだけなのでストレスになりません。

おねしょをすると子供も大人も気持ちが落ち込んでしまうと思いますが、出来る限り布団を濡らさず夜のトレーニングをお子様に寄り添って行っていけたらと思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク