batabata-kaachan’s diary

バタバタな母ちゃんの子育て、潰瘍性大腸炎、雑記ブログ

怒らない子育ての本を見て実践しようとしたが無理

怒らない子育て私には無理。

 

f:id:batabata-kaachan:20200104150419j:plain

 

 子供にはいつもニコニコで接していたい

そんな思いで怒らない子育ての本を読みました。

私が読んだ本はこちら↓

 

 

マンガになっていてとても分かりやすく書いてあります。

同じような状況の時にいざ実践。。。私には無理だった。

私はせかせかしていて、周りに迷惑をかけるのがとにかく嫌い

 

スーパーで走りまわったら呼び止め怒っちゃうし、電車でうるさくしていたら怒っちゃう。

でもね、同じ状況の他人の子がいてそのお母さんが全然注意をしなかったり、ニコニコのお顔で「走らないで」って注意してる光景見ますが、悪いことって思っていないように見えます。

 

スポンサーリンク

 

 

親は子供に自分の感情で怒らないようにしなければならない。

 

例えば、家を出る時間が迫っていて子供がゆっくりお着換えしていたら怒鳴る。

これはゆっくりお着換えしている子供が悪いんじゃなくて、子供のペースを考えて親が早めに準備をすれば改善されること。

 

感情で怒るのは親都合

 

f:id:batabata-kaachan:20200104152252j:plain

 

でも子供が外出先で騒ぐのはまわりに迷惑がかかります。

 

スーパーで走る→誰かとぶつかってケガをする可能性

       →商品棚にぶつかれば商品が崩れたり壊れる可能性

 

電車で騒ぐ→他の人がうるさいと感じる

 

子供を怒る際にはただ『いけません』だけではダメです。

何で走ってはいけないのか、

何で騒いではいけないのか理由をきちんと伝える必要があります。

 

怒らない子育て=注意もしない、しつけもしない子育てではありません。

 

これを勘違いしている人が多い

 

私みたいにすぐ怒っちゃうのは問題。

 

でももっと問題なのは我が子を注意すらできない親

 

 

私の知り合いで怒らない子育てをしている方がいます。

その子は幼稚園に通う男の子、兄妹なし。

その男の子は口が悪かったり、場をわきまえず走り回ってしまう。

 

走り回ったり騒いでいる状況

     ↓        

母親はなかなか注意しない

     ↓

その行為をなかなか止めない

     ↓

まわりの人明らかにイライラ

 

男の子、騒いで同じ幼稚園の別の母親から注意を受ける

     ↓

男の子は注意されることに慣れていない

     ↓

注意した同じ幼稚園の別の母親に対して「うるさい」「おまえ」等暴言を吐く

     ↓

ここでようやく男の子の母親注意するが、男の子に対して「ダメでしょう」というだけで暴言を吐かれた母親に対して謝罪なし、もちろん男の子にも謝らせることはしない

     ↓

結果、暴言を吐かれた母親は気分悪い

暴言吐いた男の子、悪いと思っていない

 

男の子が大きくなった時が心配です。

母親は男の子に怒らない育児をしているとの事ですが、これは育児なのでしょうか。

 

【まとめ】

しつけに正解はありません。

ただ怒らない育児と注意しない育児は別物。

これを勘違いしては大変なことになってしまいます。

他人の育児に対して注意は難しいです。

他人の子供に注意することはどうでしょうか。

今の時代、他人の子に注意するとそれが気に食わないということで、ママ友仲間から外されたりするのでなかなか難しいですが、誰かに迷惑がかかったりケガをしてしまうような状況もありえるのであれば、他人の子でも注意できる世の中になってほしいです。

子育ては一人では大変です。

他人の子育てに少しでも手助けをして、みんなで子育てが素敵な世の中になるのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク