batabata-kaachan’s diary

バタバタな母ちゃんの子育て、潰瘍性大腸炎、雑記ブログ

子供が音痴になるのは親が関係していた!小さいうちに直すには?

音痴で恥ずかしい。音痴だからカラオケに行きたくない。

こんな思いしたことありますか?

小さな子供がいるなら今からたくさん音楽を聴かせて、音痴な子供にならないようにしましょう!

 

f:id:batabata-kaachan:20200217195818j:plain

 

スポンサーリンク

 

 

【音痴とは?】

音に対して感覚が鈍い未熟である。歌う時に音程がとれない、他の人と一緒に歌うと自分だけ音の高さが違うという状態。

 

【音痴は遺伝する?】

f:id:batabata-kaachan:20200217201005j:plain

遺伝しません!

耳の発達は10歳頃に完成され、また6歳までは「耳の黄金期」といわれています。

そして特に耳がよく聞こえるのが0~3歳。

ですので6歳までに音楽をたくさん聴かせて、さらに0~3歳までは音楽にたくさん触れさせ、音の感覚を脳に覚えさせることがとても重要です。

親子で音痴なら、親があまり音楽に触れない生活をしていて子供も音楽に触れなかった為、親子で音痴になってしまったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

【音痴は直せるの?】

f:id:batabata-kaachan:20200217200713j:plain

音痴は運動性音痴と感覚性音痴の2種類のタイプに分かれます。

 

運動性音痴

音程・リズム等を聴き取ることは出来るが、上手に歌えないことに自分で気が付くタイプ

 

感覚性音痴

音程・リズム等をうまく聴き取れず、自分が音程外れていることに気が付かないタイプ

 

運動性音痴は特訓すれば直せますが、感覚性音痴の場合は聴き取りがうまく出来ない状態の為、直すのはとても難しいでしょう。

 

【子供を音痴にさせない為にする事】

f:id:batabata-kaachan:20200217200343j:plain

音楽教室に通って音楽に触れさせるというのも、もちろん素晴らしいことです。

ただそれが難しいなら、CD等で音楽を流すだけでも十分です。

 

親が歌ってもいいですが、親が音程外れるようならCDの方がいいでしょう(笑)。

とにかく小さいうちにたくさんの音楽に触れさせることが重要であり、お子様の一生に関わってきます!

 

スポンサーリンク

 

 

【我が子が音痴の場合】

我が子が音痴だった場合「音、合ってないよ」「音痴だねなど言わないように気を付けてください。その言葉で深く傷つくと、歌うことを嫌がるようになってしまいます。低年齢なら、まだ音程を上手に取れる可能性はあります。

 

 

【音痴を直す方法】

f:id:batabata-kaachan:20200217200229j:plain

既に子供が音痴なのかもしれないと思ったら、今からでもたくさん音楽を聴かせてください。音楽を嫌いにならないように、楽しく音楽に触れることが大切です

・CDで音楽を聴く

音楽教室で練習する

・親が音痴じゃなければ隣で一緒に歌う

スマホにカラオケアプリを入れて、それに合わせて歌わせる

 (リズムがとりやすい)

 

 【子供が歌う練習に良いCD】

 

・28曲収録。2枚組で1枚はカラオケバージョンなので、聴いて歌を覚えたらカラオケバージョンのCDで練習すると◎

 

・子供に大人気のパプリカ収録おかあさんといっしょアンパンマンドラえもん等子供が好きな歌が28曲収録。こちらはカラオケバージョンはないですが、好きな音楽をたくさん聴くことが◎

 

【音痴は悪い事なのか?】

音痴は決して悪い事ではありません。ただ音痴であることにより、周りから何か言われたりすることにより、歌う事が楽しくなくなり、コンプレックスになってしまうのです。

 

もしご自身が音痴でコンプレックスにを持っていたら『オンチは誰がつくるのか』

という本を是非読んで欲しいと思います。

オンチは病気ではない、克服するものという音楽学校を卒業した筆者の考えを書いています。自分の歌声が好きになれるように、楽く歌えるようになる一冊です。

オンチは誰がつくるのか

オンチは誰がつくるのか

  • 作者:小畑千尋
  • 出版社/メーカー: パブラボ
  • 発売日: 2015/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【さいごに】

f:id:batabata-kaachan:20200217200144j:plain

子供は元気いっぱい歌うことが好きです。「歌う事は楽しい」という気持ちが大事なので、それは無くさずに子供にとって音楽を身近なものにしてあげることが大切です。

まだ子供が小さく、家庭で子供が音楽に触れられる環境をつくれるのでしたら、是非お子様のリズム感覚を鍛えてあげましょう!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク