batabata-kaachan’s diary

バタバタな母ちゃんの子育て、潰瘍性大腸炎、雑記ブログ

単身赴任旦那と二男の計画分娩

旦那が単身赴任をしていたので、

 

二男の時は計画分娩にしました。

 

f:id:batabata-kaachan:20191214205855j:plain

 

出産する1ヶ月前から姉宅でお世話になり、

 

長男を出産した病院とは違う、姉宅から近い病院で出産。 

 

産後は病院から直接自宅に戻り育児開始しました。

 

 

出産当日

二男出産は38w4d

 

立会い出産は子供は入れない為、

 

出産当日は長男を姉に1日見てもらいました。

 

朝8時に病院

 

 入院手続き。

 

陣痛促進剤を入れても当日に産まれない、

 

産まれる気配がない場合は

 

また後日になる案内を受けました。

 

陣痛室でまずは待機し、

 

陣痛促進剤の点滴が10時から始まりました。

 

2人目出産ということで、陣痛促進剤を入れたら

 

スムーズにお産が進むと思っていました。

 

お昼くらいから定期的に陣痛が来るようになりました。

 

その時は陣痛間隔は10~15分間隔くらい。

 

お昼過ぎくらいに助産師さんが、

「2人目だし早く進むと思うから分娩室に行こう」

 

と言い、分娩室に移動しました。

 

15時過ぎ、陣痛の間隔が5分を切りはじめました。

 

この時、もう少しだと思いましたが子宮口がまだ5cm

 

子宮口が開かないと、まだいきむことが出来ません。

 

17時頃から1~2分間隔で、陣痛が来ていました。

 

17時頃、子宮口は7cm

 

19時頃、子宮口9cm

 

その間はいきめないので、ひたすら痛みに耐えていました。

 

1~2分間隔の痛み、長男の時より長かったです。

 

掛けているタオルケットを握りしめ、

 

ベッドの上でのたうちまわっていました。

 

分娩室にはソファがありますが、

 

私がそんな状況の中、

 

旦那はソファに寝そべりポケモンGoをやっていました。

 

2人目立会い出産とはいえ、緊張感のなさ。

 

そんな姿を見るのにイライラした私は旦那を部屋の外に出しました。

 

19時頃から子宮口が9cmまで開き、いきめるようになりました。

 

そこからはもう早く産みたくて、

 

痛いのが本当に嫌で無我夢中でいきみました。

 

19時半くらいにお医者様が分娩室に呼ばれました。

 

お医者様が来たらあと少し。

 

何回かいきんだ後に、助産師さんが旦那を部屋の中に招き入れ、

 

数分後に無事二男誕生

 

長男の時よりも陣痛の1~2分間隔が長かった事、

 

長男の時よりも私自身が2歳、歳をとり

 

体力が前よりもなくなっていたこと。

 

産後疲れ果てていましたが、

 

やはり産まれたての我が子と会えた時、

 

最高に幸せでした。

 

計画分娩をして思ったことは、

 

赤ちゃんが自分から出るぞ~って準備してではなく、

 

こちら都合で出産を進めていくので

 

最初に子宮口があまり開いていない場合は、

 

私のように経産婦でもスムーズではない場合があります

 

どのような出産方法でも命がけで産んでいることには

 

変わりないので、長男の時同様二男の時にも

 

無事産まれてよかったと心底思いました。

 

私の出産の流れは一例ですが、

 

参考にしていただけたらなと思います。

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。